Retropieで遊ぼう! ~QUASI88のセットアップ方法~

前回、RetroPie4.2にアップデートする方法をご紹介しました。RetroPie4.2ではQUASI88をサポートしていますので、早速セットアップをしてみました。

RetroPieでQUASI88をセットアップする方法

まずは、再度RetroPie4.1のNews Releaseを確認しましょう。

Update List

新しいパッケージが「experimental section」に追加されたと書かれており、その新しいパッケージとしてQuasi88が掲載されています。なので、Experimental SectionからQuasi88をインストールするところから作業はスタートします。

QUASI88のインストール方法

ではインストールを始めます。

1.MENUからRETROPIE SETUPを選択

RETROPIE SETTING1

2.「P Manage packages」を選択

MANAGE PACKAGES

3.「exp Manage experimental packages」を選択

MANAGE EXPERIMENTAL PACKAGES

4.Choose an option画面にて、「136 quasi88」を選択

Choose an option

5.「S Install from source」を選択

INSTALL from source

インストールが無事に成功すれば、次の画面が出ると思います。

finish install

BIOSファイルのインストール

当然ですが、PC88本機のBIOSファイルが必要となりますので、インストールしましょう。必要なBIOSファイルは、QUASI88の本家サイトに記載がありますので、それを参考にするのが確実です。

BIOS file

BIOSファイルは「/home/pi/RetroPie/BIOS/pc88/」に入れます。こんな感じです。

88BIOS

次に、romファイルを入れましょう。「/home/pi/RetroPie/roms/pc88/」に入れます。

88roms

QUASI88をRetroPieで起動する

いよいよ、QUASI88をRetroPieで起動しましょう!

RetroPieのメニューにpc88が現れています。

RetroPie MENU

ダサいですね(笑)。もちろん、ロゴ画像の変更は後から可能なのですが、起動が先決なので、ここはそのままで。

GAME LIST

メニュー画面からゲームを選びます。。。

起動しません!なぜか、テグザーは起動しませんでした。なぜか、スーパーマリオブラザーズSpecialはあっさりと起動しました。ROM BASICが動いているので、テグザーの問題なのでしょうきっと。。というわけで、スーパーマリオブラザーズSpecialの起動動画です。

スポンサーリンク

フォローする