RetroPieで遊ぼう! ~RetroPie4.4がリリース~

2018年4月14日、RetroPieの新バージョン4.4がリリースされました!早速、新しいRetroPieをチェックしてみましょう!

retropie-logo_4.4

RetroPie 4.4リリース!

RetroPie4.4のダウンロードはこちらから。

RetroPie 4.4の更新内容

今回は大型の更新が含まれていますので、しっかりとチェックしていきましょう。

Raspbian JessieからRaspbian Stretchにバージョンアップ

これがもっとも重要なリリースになります。Raspberry Piで動作するRetro Pieは、ベースのOSにRaspbianを使用しています。Raspbian Jessieというのは一つ前の世代で、どうやら最新のファームウェアやカーネルのアップデートを受けていないようです(Debianとしてのサポートは2018年5月までのはずですが、遅かれ早かれ問題は起きます)。Raspbianの最新版は Stretchです。つまり、RetroPieも最新世代のOSにバージョンアップすることとなります!

アップデートはNG、クリーンインストール推奨

Raspbian Stretchへのアップデートですが、システムメニューのアップデートではなく、ディスクイメージからのクリーンインストールが推奨されています。どうやら、アップデートだと様々な不具合が報告されているようです。

無線WIFI設定も要注意

Raspberry Pi 3 Model B+を対象としてですが、WIFI設定にも注意が必要とのことです。まず最初に、raspi-configでWiFi Countryの設定が必要とのことです。

ASUSのTinker Boardに対応

使っている人はごく少数だとは思いますが、、まだテスト版とのことです。

ASUS Tinker Board

ASUS Tinker Board ボード&ケースセット (Clear) – Physical Computing Lab

RetroPie4.3からの変更点

一気に羅列していきます。

・Raspbian Stretchのサポートを追加
・ASUS Tinker Boardのベーシックなサポート
・RetroArchがv1.7.1へアップデート。ffmpegによるレコーディング機能をサポート
・AdvanceMAMEがv3.7へアップデート
・ScummVMがv2.0へアップデート。コントローラーの問題やいくつかのゲームへのサポートを追加
・Stella (Atari 2600 emulator)がv5.0.2へアップデート
・Fuse (ZX Spectrum emulator)がv1.4.1へアップデート
・SDL2が2.0.8へアップデート
・Dosboxが最新のコードにアップデート。software MIDI synthを実装。launching via .conf files directly.
・lr-freeintv libretro Intellivision emulator
・AGSでDIGMIDサポート(ハードウエアMIDI無しでMIDI再生)を実装
・xarcade2jstickの修正
・customhidsonyの追加(Shanwanコントローラーのバイブレーション機能のバグ修正)
・wolf4sdl – spear of destiny mission サポートの修正
・Zdoom – Hexen 1 Series, Heretic, Strife and Chex 3のサポート
・cgeniusがv2.2.0へアップデート
・Amiberry –new SDL2 リリースへのアップデート (引き続き、SDL1もサポート)
・Emulation Station:Kiosk modeを含む改善, 開発版の試用
・mupen64plus (N64 emulator) の広範囲な修正
・lr-armsnesの除外と、lr-snes9x2002の微修正
・xm7 (Fujitsu FM-7) emulatorの動作修正
・Joy2key – 入力マッピングの修正
・Linux Mint Debian Edition and Deepinへのインストール可能に
・Emulation Stationの新しいテーマ追加、RetroPie-Setupからインストール可能
・experimental modulesにいくつか追加
・lr-dosbox (Dosbox port for libretro)
・dosbox-sdl2 (DOSBox port with SDL2 & FluidSynth support)
・mame2003-plus-libretro (mame2003 with backported fixes)
・Update lr-desmume and split 2015 version off to lr-desume2015.
・digger – digger remastered.
・yquake2 – Supports Quake II and both official mission packs.
・Abuse – port of run and gun game.

スポンサーリンク

フォローする

コメント

  1. しろ より:

    おー、アップデートですか。興味あります、メモメモ。
    レトロパイ自分も買って設定して遊んでみたいですが、まだ買ってないです。
    FM7とか入っているんですね。x68もあるらしいので楽しそう。
    今は手元のミニスーファミでhakchi2試すくらいです。
    もしレトロパイでmameが動くならアタリのガントレットレジェンドやダークレガシーをしたいです。当時の基盤はVoodoo系ボード(懐かしいな)らしく、手持ちの薄型ノートi7-3000番台(GPUは内蔵HD4000)で試したらフレーム数15くらいでカクカクでした。ラズパイだとどのくらいのフレーム数が出るものなのかなあ?
    ASUSのTinker Boardと言うのも初めて聞きました、GPU強いんなら行けるかなあ。