Retropieで遊ぼう! ~RetroPie 4.3レビュー~

しばらく時間が空いてしまいましたが、その間にRetropie4.3がリリースされました。

Retropie4.3

早速、更新内容をレビューしたいと思います。

RetroPie 4.3のレビュー

更新の概要

Emulation Stationで大きな変更があります。

・Collections にて、Favourite, All, Recently Played and custom collectionsのサポート.
・動画/静止画による スクリーンセーバーのサポート.
・省電力モード.
・テーマの修正や改善.
・RetroArch hotkeyボタンの設定.
・OMXPlayerによるビデオプレイバック機能.
・その他、詳しくはこちらのページを参照

また、いくつかのエミュレーターのバージョンアップと、experimental sectionにて新しいエミュレーターのサポートがされています。

新しいエミュレーターのサポート

・pegasus-fe – Pegasus Frontend – new launcher/frontend in development.

何が変わるか一目瞭然なので、動画を貼っておきます。

Pegasus Frontendの詳しい説明はこちらのページをご覧下さい

・lr-vice (C64 Emulator).

Commodore64はMINI版の発売が決定しているらしく、向こうでは人気の機種ですね

・srb2 – Sonic Robo Blast 2 port.

→海外製のフリーゲームだそうです。SUPER MARIO64のパクリっぽいですかね。。

・cdogs-sdl – C-Dogs SDL – Classic overhead run-and-gun game.

→これも海外製のフリーゲームみたいです。

・lr-px68k (x68000 emulator).

→そして最後にX68000。5ch情報だと動作が軽いらしいですが。私はX68000をリアルで経験していないので、詳しくはよくわからないです。すみません。。

スポンサーリンク

フォローする