【PC-6001】黄金の墓 攻略(※ネタバレ注意)

古典的アドベンチャーゲーム、黄金の墓(テープ版)を攻略しました。何ともさみしいエンディング画面ですが、1983年製のゲームなので、こんなものでしょう。

黄金の墓 エンディング画面

【PC-6001】黄金の墓 攻略(※ネタバレ注意)

黄金の墓とは?

1983年にマジカル・ズーが発売したアドベンチャーゲーム。初めてプレイしたアドベンチャーゲームは、黄金の墓か、ポートピア連続殺人事件か、幻魔大戦か。。友達の家で5~6人集まって、ああでもない、こうでもないとか言いながらみんなで解いた記憶があるゲーム。なので、それなりに思い入れがある本作。また、PC-88やMSXまで移植された人気ゲームだったので、勝手に「名作」という記憶が刷り込まれていましたが、いやはや。「迷作」ですね、これは。コマンド当てクイズ、唐突な場面展開、「山に行く」発想はどこから出てくるのか?当時のゲームの質がよくわかりました。。

黄金の墓の掲載記事

いろいろとご紹介したいのですが、、すみません。1983年の雑誌だと手持ちが少なくて、ログインの1983年9月号に特集記事が掲載されているらしいのですが、持っていないためご紹介ができません。同様に、POPCOMとテクノポリス、コンプティークも1983年は弱く、また遊撃手にも掲載がありませんでした。手持ち雑誌の中では、PCマガジンに割と掲載されていましたので、PCマガジンからご紹介いたします。1983年10月号の紹介記事。ただ、ディスク版の紹介なので、私が今回プレイしたテープ版とは全然違いますね。山下章氏曰く、「ディスク版は日本でも5本の指に入る難易度」だったそうです。その理由は、ここに書かれたパワー、水、お金の増減が理由であって、ストーリーの難解さではないらしいです。詳しくはわからないですが、きっと理不尽な理由で大きく減少してしますのでしょう。。ただ、面白いアイデアだとは思いますけどね。

PCマガジン1983年10月号 黄金の墓

1983年12月号には、PC88版の紹介もありました。

PCマガジン1983年12月号 黄金の墓

若干グラフィックが綺麗になっていますが、なんかPC-6001版のトーン&マナーを守っているのが面白い。88ならもっと綺麗な絵にリメイクできたでしょうに。こちらもディスク版の紹介。ディスク版ではネイトを口説き落とすのですか。。

1984年1月号は「アドベンチャーゲームソフト大研究」という特集があり、そこで取り上げられていました。

PCマガジン1984年01月号 黄金の墓

黄金の墓について、具体的な批評が書かれていました。「場面と場面の変化がいささか唐突なのは残念」。同感。突然エジプトに行き、突然山に行き、突然森に行き。。話の脈絡が無いので、プレイしている側からすると「なぜ?」という展開が多いです。堀井作品ばかりやってきたせいか、理由もなく進行するのが気持ち悪い。その意味で、黄金の墓は気持ち悪い作品でした。

PCマガジン1984年01月号 黄金の墓2

そんな黄金の墓、PCマガジン界隈では人気のゲームだったようです。1984年3月号のPC-6001シリーズのゲームソフトランキングで見事1位を獲得!なぜか、翌4月号はTOP20圏外に落ちてしまうという、PCマガジンの不可解なランキングっぷりが伺えます。

PCマガジン1984年03月号 黄金の墓

ちなみに、ログインでは一度もランキングに入っていなかったです。知名度も高く、多機種に移植もされた本作が、なぜログインではランキングしなかったのか、それも不思議です。

黄金の墓 攻略

短いゲームではあるのですが、コマンドの反応はP6ゲームで最も遅いレベル、描画もベーシックレベルの遅さ。なので、スタートからエンディングまで、攻略に合計30分掛かってしまいました。今回は、動画を次の3編に分けてご紹介いたします。

  1. スタート~ピラミッド
  2. ピラミッド~ネイト
  3. ネイト~エンディング

早速、1から順番に攻略しましょう。

1.スタート~ピラミッド

黄金の墓 SCENE001

いいえ

黄金の墓 SCENE002

きく

黄金の墓 SCENE003

はい

黄金の墓 SCENE004

つるぎ とる

黄金の墓 SCENE005

黄金の墓 SCENE006

はなし

いいえ

黄金の墓 SCENE007

黄金の墓 SCENE008

みる

黄金の墓 SCENE009

てがみ とる

てがみ みる

黄金の墓 SCENE010

はなす

いく×3回

黄金の墓 SCENE011

ぴらみっど いく

2.ピラミッド~ネイト

黄金の墓 SCENE012

いく

黄金の墓 SCENE013

はい

黄金の墓 SCENE014

つるぎ たたかう

黄金の墓 SCENE015

やま いく

黄金の墓 SCENE016

どうくつ はいる

黄金の墓 SCENE017

たたかう

黄金の墓 SCENE018

黄金の墓 SCENE019

いく

はい

にんげん

黄金の墓 SCENE020

黄金の墓 SCENE021

みる

黄金の墓 SCENE022

はなす

はい

3.ネイト~エンディング

黄金の墓 SCENE023

いいえ

たたかう

黄金の墓 SCENE024

黄金の墓 SCENE025

みる

もり はなす

黄金の墓 SCENE026

はなす

いいえ

すいしょう わたす

ねいと

黄金の墓 SCENE027

はなす

いく

黄金の墓 SCENE028

つるぎ たたかう

黄金の墓 SCENE029

黄金の墓 SCENE030

黄金の墓 SCENE031

黄金の墓 SCENE032

ろいど はなす

黄金の墓 SCENE033

黄金の墓 SCENE034

黄金の墓 SCENE035

てれび みる

てれび みる

黄金の墓 SCENE036

終わってみれば、そこそこ面白さもあります。特に、最後のロイドが呼び寄せたあたり、いろいろと想像させられます。それでも、コマンド捜し的な展開は嫌ですね。言葉一つちがっただけで先に進めないわけですから。それよりも発想を大事にしてほしい。オホーツクはやはり素晴らしい作品だということを再認識しました。

スポンサーリンク

フォローする