ザ・キャッスル 攻略(PC-6001mk2/MSX版)

アクション+パズルゲームの名作、ザ・キャッスル。全100面を攻略しました!

ザ・キャッスル攻略(PC-6001mk2/MSX版)

ザ・キャッスルとは

言わずとも知れた、アクション+パズルゲームの名作、ザ・キャッスル。多数の機種に移植されていたので、一度はプレイしたことがある人は多いと思います。かくいう私も、PC-6001mk2版とPC-8801版、両方をリアルタイムでプレイしたことがありました。ただ、これまた多くの人と同じく、クリアまでたどり着くことができませんでした。。最初の妖精を助けるところぐらいまでが限界でしたね。エミュレーター使うと、途中でセーブが簡単にできる。良い時代になりました。おかげさまで、今回ザ・キャッスルの攻略に成功しました!

ザ・キャッスルの紹介記事

改めて雑誌を読み返してみてびっくりしたのですが、発売当初のログインでの扱いはとても小さく、この名作の登場とはとても思えないほどでした。。1985年5月号、New Softの「その他」的な扱い。実は、最初はFM-7とX1のみ。当時の御三家筆頭であるPC88版は遅れての登場だったこともあるのでしょう。。

ログイン1985年5月号掲載記事

キャッスル生みの親であるアスキー社が発行するログインでの扱いは小さかったのですが、ポプコムではがっつり見開き2ぺーじで紹介。1985年6月号です。ポプコムらしい、キャラクター紹介など、しっかりとしたレビューですね。

POPCOM1985年6月号掲載記事

一番気合が感じられたのが、テクノポリス1985年6月号。通常のNEWソフト紹介に記事がなかったのですが、何とマンガで5ページも割いて紹介されていました。

TECHNOPOLIS_198506-01

TECHNOPOLIS_198506-02

TECHNOPOLIS_198506-03

PC88版は遅れての登場、、ということでこのブログではあまり取り上げていないですが、PCマガジン1985年9月号にNEWソフトとして紹介されていました。

PCマガジン_198509

ちなみに翌10月号にはランキング入りしていましたので、待望の88版登場!ということだったのでしょう。

最後は遊撃手、ならぬBug News1985年10月号。辛口批評で有名な雑誌ですが、べた褒め。さすがは名作ですね。

BugNews_198510-01

BugNews_198510-02

いや、ログインの名誉挽回。1985年8月号の「目指せ高得点!」特集の記事内で3ページ、がっつり紹介されていました。しかもうれしいマップ付き。この号を読んでキャッスルをプレイした人も多いのでは?私もその一人です。

ログイン1985年08月号-02

ログイン1985年08月号-03

ザ・キャッスルの広告

広告はアスキー出版のログインがメインです。記事としての扱いは小さかったですが、広告はいろいろなバリエーションがあり、楽しませてくれています。

1985年4月号の広告。発売予定のためか、小さい扱いからのスタート。キャッチコピーは最初から「恋する王子の、100の冒険」。女の子ウケしそうなコピー?

198504-01

そして、1985年5月号。見開き3/5ぐらいでの展開です。豪華。

ザ・キャッスルの広告198505

1985年6月号では見開き2ページフル展開。なんか、おしゃれ。というか記事広告風。

ザ・キャッスルの広告198506

1985年7月号では、少しタネあかしをしていました。

ザ・キャッスルの広告198507

この後、待望のPC88/98版が発売されますが、広告スペースはだんだん小さく。。1985年9月号。

ザ・キャッスルの広告198509-02

そして、広告の最後はわれらがPC-6001mk2版。なんと1987年2月号。

ザ・キャッスルの広告198702-01

そして、キャッスルエクセレントが1987年5月号!

ザ・キャッスルの広告198705-01

アスキーは最後の最後までP6ユーザーのためにゲームを出してくれました。本当にありがとうございました!

ザ・キャッスルの攻略

いよいよ、本編。これからザ・キャッスルの攻略法をご紹介します。個人的に「難しいな」と思った面では動画で攻略法を紹介いたします。

ザ・キャッスル 全100面のマップ公開

まずはザ・キャッスル 全100面のマップです。10×10画面分の広さがあるので、ブログに載せるとどうしても細かくなってしまいます。今回は元画像を大きなままで保存していますので、別ウィンドウで画像を開けば大きな画像のまま見ることができます。

ザ・キャッスルのMAP

攻略ルート

タイトルほど大げさな話ではありませんが、助けるべきフェアリーが2人いますので、それを境目にしてこの100面を大きく3つのルートに分解することができます。

※各画面の場所ですが、一番左下を起点に1階01号室、つまり101号室と呼ぶことにします。スタート画面は301号室。一番右下は110号室、一番左上1001号室、一番右上は1010号室です。

  1. スタート(301号室)~1人目のフェアリー救出(110号室)
  2. 1人目のフェアリー救出(110号室)~2人目のフェアリー救出(501号室)
  3. 2人目のフェアリー救出(5010号室)~マルガリータ姫救出(1010号室)

カギは全て必要か?

最初に答えてしまうと、カギの種類によります。赤・紫・青は全て必要です。1本も取り逃すことなく進めてください。もし取り忘れると、取りに戻る必要があります。多大な時間ロスになります。私も403号室の紫のカギを取り忘れて、かなり上の階から取りに戻る羽目になりました。緑は3本余りました。ただ、9階10階で余分に出てくるので、それまでに出てくる緑のカギは全て取っておいたほうが良いと思います。水色は8本、黄色に至っては12本余りました。ただ、命の水と引き換えに開けるドアは極力開けなかったので、これだけ余ったのだと思います。でも、黄色はあまり気にする必要はないでしょう。黄色と引き換えに水色が手に入るなら水色を。という感じで上位交換できるなら、してしまってよいと思います。

攻略1.スタート(301号室)~1人目のフェアリー救出(110号室)

序盤はカンタンだと思いますし、昔やったことがある人ならなんとなく覚えているかと思います。まずは水色のカギを手に入れて、301号室の上にあるマップを手に入れておきましょう。307号室は炎をかわすのがすこし難しいですが、2・3回のチャレンジでできると思います。308号室から309号室に行くには紫のカギが必要になりますが、紫のカギは210号室になるので、308号室の穴から208号室に移動します。208号室からは、まず右側の部屋のカギを全て取ってから、左の201号室を目指します。その過程で109号室に降りますが、ここは炎をかわしながら緑のカギをとって出口に向かう、少し難しい面になります。では109号室の攻略動画です。

201号室までたどり着いたら、101号室に降りていきます。103号室では緑のカギが4本必要になります。取り逃しはないですか?ここで序盤の難関。水泳が待っています。酸素ボンベをとったら、一目散に106号室の青のカギを目指します。105号室の黄色のカギは無視しましょう。再度酸素ボンベをとって108号室までたどり着けば1人目のフェアリーはあともう少し!110号室で見事フェアリーを救出ですね。赤いカギをゲットです。

Fairly1

攻略2.1人目のフェアリー救出(110号室)~2人目のフェアリー救出(501号室)

フェアリー救出後は、再びスタート画面301号室を目指します。108号室ではエレベーターに乗って、水に入らない上のルートを進んでいきます。102~202~201号室へ。最後はエレベーターで再びスタート画面301号室に着きます。

スタート画面からは再度右に行き、308号室で紫のカギを使って309号室に入ります。310号室のエレベーターで4階に上がり、次の難関が409号室。水色のカギが最下段にあります。これは絶対に取らないといけません。また、左下の水色のドアを開けてはいけません。水色のカギが途中で足りなくなります。水色のカギを取りたいのですが、追いかけてくる司教が邪魔。結論、1回は司教と刺し違えましょう。すれば、後の2人はたやすくつぶすことができます。また、左上の水色のドアから脱出しますので、水色の金庫を最下段に落としていいのは、3段目の1つのみです。以上を踏まえて、では409号室の攻略動画です。

そして、有名な407号室。本によってはスタート画面を101号室にしているので207号室。序盤の最大の難関です。とにかくタイミング命です。私のやり方は、下の動く足場に一度乗って、少し左に動いたところでジャンプします。下の動く足場に乗っていれば、ちょうど上の槍をかわせる高さまでジャンプできるので、あとは左側に動く量に集中すればうまくいきます。

続いて406号室。当然緑のカギは3本とも取らないといけません。ここはパズル面で、慣れていないとちょっと難しい。慣れればすぐに解き方が閃くと思いますが。押しながら落ちる。では動画で見てみましょう。

緑のカギを取ったら、5階に移動です。505号室の上水色のドアから攻略を進めます。一通り右と上のほうで行ける範囲内で進んで、カギなどを取っておきましょう。506号室に戻ったら、水色の金庫落としです。タイミングよく落として、最下段の魔法使いを潰してください。見事潰したら、一度部屋を出てから再び506号室に戻り、真ん中の穴を落ちて最下段から507号室、508号室を目指します。

508号室もちょっと難しいですね。水色の金庫をすべて半個分ずらしてから落とす、というだけではありますが。。動画で確認しましょう。

続いて509号室。アクション面。これもタイミングが難しい。動く足場の乗り方ですが、自分の高さと同じか低いものに乗るときは、正面からくる足場にタイミングを合わせればよいと思います。自分よりも高い足場に移る場合は、背中越しに迫ってくる足場よりも先に前方にジャンプ。足場を避けられる高さに達したら、方向転換して足場と向かい合って、タイミングを合わせて着地して足場に乗る、というのがポイントだと思います。タイミングの取り方を動画で見てみましょう。

509号室から609号室に上がります。まずは右から攻めましょう。610号室。これもタイミングが難しいですが、必ずクリアできます。あきらめずに頑張りましょう。

最下段にあるレンガを下に落として、そこから510号室に行きます。酸素ボンベを取ったら、水泳。紫のカギを取って509号室へ。紫カギを使って、お隣508号室から608号室へ出ます。

さて608号室。ここでは、1ブロック分の動く足場に足して、半ブロック分にレンガを載せて、半ブロックぶんに王子を載せて、レンガを画面左から右に大移動させます。これもタイミングだけです。なかなか難しい!

頑張って608号室をクリアしたら、607号室から707号室に上がります。右に行ってもしょうがないので、左に行きましょう。706号室から下に落ちて606号室。ここでは無敵ビームを浴びたら、急いで下の緑のドアを目指しましょう。最後天所のトゲを無敵時間内にクリアする必要があります。605号室から下に落ちて505号室。ここで青のカギをゲット。これでようやく405号室から左に行くことができます。途中、水泳は時間切れで1回は死を覚悟しましょう。あと、403号室の紫のカギ、忘れずにとっておいてください!402号室、そして401号室です。

401号室では当然紫のカギをゲットする必要があります。ここはアクション+パズル面。後半の面と比べればそれほど難しくはないですが、ちょっと悩んでしまうかもしれませんね。動画をどうぞ。

501号室にたどり着きましたが、2人目のフェアリー救出はまだです。酸素ボンベが必要です。後ろ髪ひかれながら502号室へ。道なりに?504号室から604号室へ。そして、こちらも有名な603号室にやってきました。

603号室は有名なアクション面で、広告や雑誌の攻略記事にも取り上げられていました。こちらもタイミングよくジャンプしてかわしましょう。動画をどうぞ。

602号室は滑車を動かしてドアを開ける足場を作ります。601号室は406号室の半個ずらしテクニックで3段目の樽をうまく2段目に落としてください。こんな感じでクリアできます。

601号室

そして、501号室へ! 酸素ボンベを取ったら、急いで2人目のフェアリーを救出しましょう!

Fairly2

赤いカギとマルガリータ姫の居場所を教えてくれます。予想通り、1010号室(笑)。

3.2人目のフェアリー救出(5010号室)~マルガリータ姫救出(1010号室)

いよいよ、最後のセクションです。

2人目のフェアリー救出後、701号室までエレベーターで上がりましょう。すると、次なる難関、702号室が待っています。

純粋なパズル面なので、時間は気にせずにじっくりと取り掛かれます。ブロックのずらし方と落とす順番がポイントですね。動画でどうぞ。

続いての704号室は動画を撮るのを忘れてしまいました。。ただ、603号室と同じ要領でクリアできます。ポイントは、右下のカギを取りにいかないことです(笑)落ちてくる壺の上に乗っかり、タイミングよく左右にジャンプすればかわせます。あっ、先に命の水を取って部屋を出て戻る、忘れずに。。

704号室

7階は基本的に右へ右へ進んでいきましょう。710号室からエレベーターで810号室へ。無敵バリア時間が効いていれば簡単です。無敵に頼らない方法だとちょっと難しい。上手く魔法使いをエレベーターに誘い出して、潰す。動画を見てみてくださいませ。。

いったん、910号室→909号室と行って、個人的に一番難しかった809号室です。結局ノーミスでは無理でした。いや、上手い人ならいけると思います。結果、左と右の2階に分けて緑のカギを取りました。とにかく左のタイミングが激ムズです。動画でタイミングをよく覚えてから挑んでください。

809号室を左に向かって進んでいきます。道なりに進んでいけば、次の難関803号室です。難関というか、気づけば簡単です。右から左への渡り方です。真ん中のくぼみが邪魔して、普通にジャンプしたら左に行けずに下に落ちてしまいます。発想の転換で、少し距離を持つことで、ジャンプの最高点を画面中央になるように飛べば、上のくぼみにはまらずに無事に渡れます。論より証拠。動画を見てみましょう。

続いては、802号室。パズル面の難易度としては最高峰。ここは悩みました。レンガのトリックはこれまでの延長線上なので問題なし。右下のブロックですよね。どうやって蝋燭を一番下にするか。壺を一番上に移動させた後どうやって蝋燭を一番下に落として金庫を上に上げるか。悩みに悩んだ末に出た回答が動画のやり方です。結構忙しいですが、これで何とかクリアすることができました。ぜひ、ご覧ください。

802号室を脱出したら、901号室を経由していよいよ最上階1001号室に着きます。さほど難しくないですが、タイミングよくジャンプして上がっていきましょう。右から来る足場に飛び乗るほうが楽な感じがします。

続いてこれまた難関パズル面の1002号室。難しいですが、ここまでたどり着いた人であれば、むしろどう攻略するか楽しくなっていることと思います。最後に半個ずらして、3つのレンガを滑車に載せて一気に一番上に上げる。面白いパズルです。プレイしていて一番面白かった面ですね。

1004号室では、いったん下に落ちるしかありません。左に移動して901号室。水色の金庫で炎を潰したら、最後の水泳時間。距離は長いですが、一気に905号室まで行きます。ちなみに、この水泳を最後、もう元に戻ることはできなくなります。最初に書いた通り、赤・青・紫のカギは一本残らず必ず取ってから水泳をしてください。906号室から1006号室。左に行って1005号室のトリックも少し面白い。壺を金塊の上に載せて移動します。欲にかられて金塊を取ってはいけませんよ!再び1006号室に戻ったら、右に行って1007号室。ここも何度も死にました。。足場にのるタイミングが難しいです。動画を見てタイミングを覚えて、後は頑張ってください!!

1008号室はパズル面。滑車を一度落としてデビルフラワーを潰した後、部屋を出る。あとは、2個の壺と樽をうまく使って残ったデビルフラワーを潰してさらに滑車を右に動かすための足場にする、というところです。パズルの解き方は割と簡単な方ですね。ここをクリアすればいよいよ1009号室。マルガリータ姫は目の前!

そして1009号室はパズル面です。ここまでたどり着いた人であれば、たぶん凡その解き方は閃くと思います。難しかったのは、左下に積んだレンガをわざと崩して通路を確保するところ。これ以外はまあ、それほどでもないですね。樽を半個づつずらして積み上げるのは、今までにもありましたしね。さあ、赤いカギを開けて、いざ1010号室へ!

これが最後、1010号室。マルガリータ姫がとらわれた部屋です!

ザ・キャッスル 1010号室

、、、楽勝ですね。右のエレベータに乗って壺をタイミングよく落として、戦士と司教を潰せば、あとは赤いカギを開けてマルガリータ姫を救出しましょう!感動の?エンディング画面をどうぞ。

ザ・キャッスルのENDING

次はキャッスル・エクセレントですかね。でも、キャッスルはおなか一杯感もあるので、少し時間を空けてから攻略したいと思います。アクション+パズルで思い出したのはFLAPPY。これも攻略したいですね。横浜TRYSOFTで200面のパスワードを買って、200面だけ解いてクリアした気になったのを覚えています。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。