【PC-8801】スーパーマリオブラザーズSpecial 攻略

RetropieでQUASI88を起動させた際、たまたまスーパーマリオブラザーズSpecialを選択したのですが、それから気になっていたので少し攻略をしてみたいと思います。。

PC-8801版スーパーマリオブラザーズSpecialを攻略!

STAGE ENDING

言わずともしれたファミコン、というよりは世界中で最も有名なゲームだと思われる、スーパーマリオブラザーズ。それのパソコン版ということで、HUDSONが移植したゲームです。名前にSpecialとあるのは、単にファミコン版とは違う、という意味合いだけではなく、やはりSpecialな何かがあるのだと思いますが。。。Special難しいです(笑)。WORLD1をクリアしただけですが、途中で死ぬと最初からやり直し。ボタンの操作感覚が微妙に合わない、TIMEが猛スピードで減っていく。。なので、無限増殖は必須ですね!早速、無限増殖法を動画でご紹介します。場所はWORLD2-1。スーパーマリオブラザーズSpecialの無限増殖法として最もポピュラーな場所なので恐縮ですが、どうぞ!

スーパーマリオブラザーズSpecialの雑誌記事

発売は1986年10月ごろと推定されます。ファミコン版から約1年後の発売、大ヒットゲームの移植版なので期待度も高いと思われましたが、意外にもあまり多くのスペースは割かれていないようです。コンプティークに至っては、記事も確認できませんでした(1986年10月~12月号)。当時、パソコンゲームの主役はロールプレイングゲーム、ザナドゥやハイドライド2の全盛期。さらに、ロマンシアみたいな新しいタイプ、イース、ザナドゥシナリオ2、メルヘンベール2。。シミュレーションゲームも盛り上がっており、信長の野望全国版、蒼き狼と白き雌鹿、三国志、大戦略。アクションゲームの主役はファミコンに移動しているその中で発表されたゲームなので、結果的にあまり紙面を割けなかったのでしょうか。

その中でポプコムは非常に力を入れていて、1986年11月号で3ページにわたって記事にしており、しかもWORLD1の全マップを公開していました。

POPCOM掲載記事1

POPCOM掲載記事2

テクノポリスでは、1986年12月号の「今月の移植版」で簡単に紹介されていました。ファミコン版と比べて画面切り替え方式の難点を指摘し、パソコンには「高嶺の花」のゲームと評価をしていました。

TECHNOPOLIS掲載記事

スーパーマリオブラザーズSpecialの広告

広告は1種類で何度も使いまわされていました。ゲームを移植・販売したハドソンは主戦場をファミコンに移動していましたので、無理もないのでしょう。

スーパーマリオブラザーズSpecialの広告

スーパーマリオブラザーズSpecialの攻略

今回の攻略ですが、まだWORLD1しかクリアできていません。。なかなか時間が取れなくて申し訳ありませんが、WORLD1のマップを全公開します!

WORLD1-1

WORLD1-2

スーパーマリオブラザーズSpecial1-2のMAP

WORLD1-3

スーパーマリオブラザーズSpecial1-3のMAP

WORLD1-4

スーパーマリオブラザーズSpecial1-4のMAP

キー操作もむずかしいのですが、何よりTIMEが猛スピードで減っていくのが非常に厳しいです。。WORLD2以降も攻略次第アップしていきます。

スポンサーリンク

フォローする